2015年03月22日

ドクターイエローのバームクーヘンを買ってきた

P1430799.JPG
しばらく〆切やら確定申告やらで大わらわな3月でしたが、とりあえず全部片付いてホッとひと息ついたのでふらっと大阪へ行ってみたら、JR大阪駅の売店でドクターイエローのバームクーヘンを見かけて衝動買い。648円。

いや、ホントは全長50cmの長い筒を大阪の街で持ち歩くのはちょっとかさばりすぎるので、出会ってすぐ買わず、帰る直前に買って帰ったのが正確なところなんですけども、衝動的な気持ちは変わらなかったので!

最近こっち方面(鉄道お土産系)のチェックがおろそかでしたが、いつ発売されてたんだろう。ドクターイエローは今の700系タイプではなく初代の0系顔。すでにいくつものシリーズが出ているので、そうビックリする要素はないですが、続き以下でザッとご紹介。
 
P1430808.JPG
最初の写真はヘッドライトが黄色い前の顔。こちらはライトが赤い後ろの顔。0系タイプの顔を紙パッケージで表現しようとすると、どうしてもムリが出てしまうけどそこはご愛敬ってことで。


P1430819.JPG
顔を開けると連結器じゃなくて、50cmの長ーいバームクーヘンがスルッと出て参ります。


P1430803.JPG
窓の配置なんかもそれぞれの車両でちがうあたり、こだわりが見られます。といってもドクターイエローの窓配置を正確に把握できてないので、合ってるかどうかわからないのが悔しい。


P1430806.JPG
底面。
0系っぽいドクターイエローの形式は922形。「幸せを呼ぶ黄色い新幹線」のキャッチが良いです。これを買ってきたら何かしら幸せが訪れることをささやかながら期待。


P1430812.JPG
わが家にあるバームクーヘン新幹線たちを並べてみました。
こうして見ると元々実車がシャープな造りの100系、300系あたりが箱パッケージとの相性は良いですね。あ、ドクターイエロー以外はちゃんと食べた後の空き箱なのでご安心を。

北陸新幹線E7系版も発売されてるみたいですが、やっぱり金沢まで行かないと手に入らないようでここは素直に諦めよう。0系や500系のも欲しかったなぁ。
 
posted by ひらら at 01:18| Comment(2) | 鉄道のおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黄色先生もあるのか。

箱が目的で(笑) 中身は期待していなかったけど、
このバームクーヘン、意外とおいしいのにびっくり(失礼)
普通のバームクーヘンよりはるかに細長くて少量だから食べやすいし。
Posted by 京太郎 at 2015年03月23日 06:42
▼京太郎さん
そう、一見イロモノっぽく見られそうですが、
味を妥協していないところがこのシリーズの凄いところですよね。
すぐ無くなると勿体無いので、ちびちび食べてます(笑)
Posted by ひらら at 2015年03月24日 18:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。