2015年02月14日

デアゴスティーニで作る3Dプリンタってどうなんだろう?

P1430247.JPG
昨日、近所の本屋さんに立ち寄ったら見かけたのが「週刊マイ3Dプリンター」創刊号。デアゴスティーニから出てて毎週発売されるパーツを組み合わせていけば、約1年で3Dプリンターが作れるという驚きの企画。あ、写真は本誌じゃなくて本屋さんで貰ってきたリーフレットです。

去年話題になったときちょっと気になったけど、最初のうちは地域限定販売だったらしく、身近なところでは手に入らなかったんですね。調べてみたら1/5から全国発売されてるようで、すでに第5号まで刊行されてるそうな。

創刊号が999円で、第2号以降は1998円。やっぱり気になるのは総額ですよね。全55号って書いてあるので、計算してみると約11万円。

市販されてる3Dプリンターって今いくらくらいするんだろう?
パーソナル3Dプリンタ ダヴィンチ da Vinci 1.0(一色印刷)
パーソナル3Dプリンタ ダヴィンチ da Vinci 1.0(一色印刷)


気になってAmazonを探ってみたら、この機種が64,800円。
おお、思ってたより安い! ひと昔前にちょっと背伸びして性能の良いA3のインクジェットプリンタを買うくらいの感覚で3Dプリンタが買えちゃうのね。

総額も高くて、途中で挫折するリスクも高いデアゴスティーニに比べたら、初期不良やサポートも期待できるメーカー製のを選んだほうがいいなぁ。と思った次第。でも、時間をかけて自分の手で作り上げるのは楽しいし完成したら思い入れもひとしおなので、体験重視ならディアゴスティーニもあり、ってことですね。
 
posted by ひらら at 00:43| Comment(0) | PC・デジタル機器全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。