2014年12月13日

雑誌「SIM PERFECT BOOK」の付録SIMを開通!残り容量を確認する方法

P1410199.JPG
デジモノステーション増刊号「SIM PERFECT BOOK」の表紙をめくったらいきなりSIMカードがお出まし。早速、開通手続きして先日買ってきたNexus4に装着しました。
 
開通手続きは電話で。フリーダイヤルの自動音声に従って番号をポチポチ入力するだけのカンタンなお仕事で、2分足らずという驚きの速さで開通!

月額版IIJmioはネットで色々記入する必要がありましたが、さすが使い切りのプリペイドパック版は手続きもお手軽。

P1410214-001.JPG
むしろ小さなmicroSIMを台紙から外すのが初めて&Nexus4にSIMを装着するのが初めてだったので、そちらに苦労したくらい。標準SIMくらいのサイズが一番扱いやすいのになぁ。さらにさらに小さいnanoSIMを扱う日なんて来なければいいのに。

APNの設定もNexus4は最初からIIJmioが設定されていたのでサクっと認識。Wi-Fiを切って付録SIMカードでデータ通信できることが確認できました。

付録SIMの容量は500MB。最近の水準と比べたら少なめなので、ちょくちょく残り容量をチェックしたいところ。

141212_iij1.png141212_iij2.png
雑誌にも書いてありますが、残り容量は「IIJmioプリペイドパック」サポートページという専用ページで確認できます。(SIM台紙ウラに記載の)電話番号とパスコードでログインすると、気になる残量もバッチリ確認できました。他にも利用期限や月額アップグレードの可能期限なども書かれてあるので後々助かりそう。

ちなみに、IIJmio契約者にはお馴染みのアプリ「みおぽん」はプリペイドパック版には非対応みたいです。

141212_data1.png141212_data2.png
簡易的に残り容量を確認するなら、Androidの[設定] → [データ使用量]を見るのもありですね。こちらで制限&警告する容量を設定しておけば、うっかり使いすぎもある程度防げそうです。
 
posted by ひらら at 02:47| Comment(0) | スマートフォン・タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。