2014年09月30日

ニンテンドー3DS、裸眼立体視が映えるのは額縁の色が 黒 or 白、どちらが良いのか迷った結果


初期のニンテンドー3DSは本体カラーが白でもピンクでも上画面の額縁カラーはすべてブラック、黒色でした。このことは3DSの社長が訊くでも言及されてますが、「周りが黒だと、枠から飛び出るような感覚もありますし、なにより画面に集中できる」という理由で黒になったとのことです。


が、後日発売されたニンテンドー3DS LL(ホワイト)は上画面も真っ白! 3DS LLの社長が訊くでは、「画面だけでも十分没入できる大きさになりましたので、黒にこだわることのないカラーリングにできました」とのこと。

今、Newニンテンドー3DS(以下、New3DS)を購入しようと本体カラーを白と黒で迷っていて、先の社長が訊く発言を思い出したわけなのです。New3DS(非LL)は白いほうも上画面が真っ白だし、LLほど画面大きくないし、LLだとしても黒じゃなくても大丈夫発言にはちょっと懐疑的だったので。

そこで、白い本体に近い印象を体感しようと画用紙でこんなモノを作ってみました。
140930_3ds_01.JPG

140930_3ds_02.JPG
上画面の白い額縁体験キット!
 
これで、手持ちのあらゆるゲームを遊んでみました。スマブラ3DS、とびだせどうぶつの森、トモコレ新生活、バンブラP、すれちがいMii広場、スターフォックス64 3D etc...
 
 
結論から言うと、やっぱり黒いほうが立体視も映えるし没入感もある。特に全体的に暗い画面が多い宇宙ベースのゲーム(スターフォックス64 3Dやベクターレーシング等)は特に広がりを感じます。

ただ、白い額縁キットを付けたからといって立体感が失われるかといえばそんなことはなく、普通に裸眼立体視を楽しめます。黒に慣れきっていたので最初のうちは窮屈感はありましたが、プレイ時間が長くなってくると(夢中になればなるほど)、白か黒かって違いは気にならなくなってきました。

なので、より3D感・没入感にこだわるなら黒が優勢。でも本体カラー重視で白が好きなら白を選んでも良いんじゃないかな。と、そう結論づけようとしていたのですが…。

額縁が白だと水を差されてしまうゲームがあったのです!

それはセガ3D復刻プロジェクトのゲーム全般。

私は「ムービング筐体」の機能が大好きで、スライドパッドをグーっと左右どちらかに入れ続けていると、画面が傾いて体感ゲーム気分を盛り上げてくれるオモシロ機能。レースゲームを遊んでたら思わず体が傾いちゃうのをゲーム側で再現してくれてる感じで、これが意外と違和感なく楽しめるんですよ。

たとえば3Dスペースハリアーだと。
140930_3ds_21.JPG

140930_3ds_22.JPG

たとえば3Dアフターバーナー2だと。
140930_3ds_11.JPG

140930_3ds_12.JPG

写真だとどこまで伝わるかわかりませんが、実際プレイしてみると素の状態(黒い額縁)だと傾いてることに気がつかないことすらあるのに、白い額縁だと画面の外から黒い異物がズイズイっと入り込んでくる感覚! 写真は無いですが、画面自体が平行移動する3Dサンダーブレードは特に異物感が大きかったです。

ということで、

「セガ3D復刻プロジェクトをムービング筐体で遊ぶ」人は額縁の色は黒が良い!

を私個人の結論とさせていただきます。本当は大画面での3Dを存分に楽しめるNew3DS LLを選ぶのが良いんでしょうけど、きせかえも興味あり&持ち運びは軽いほうが良い私はNew3DS(ノーマル)のブラックを選ぶことに決定!
 
posted by ひらら at 20:12| Comment(0) | ゲーム(3DS/Wii 任天堂) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]