2014年09月16日

スマホサイズに1インチセンサー搭載のCM1、さらにLXシリーズ後継のLX100が発表

パナソニックから面白そうなデジカメの発表がありました。2機種とも海外で発表とのことですが、

パナソニックのスマートカメラ『CM1』は完全にiPhone6キラーだった:Photokina2014(週刊アスキー)

iPhoneキラーかどうかはともかく、スマホ並の大きさのボディに1インチのCMOSセンサーが搭載されてるってだけで、デジカメをかじった方ならそのスゴサがわかると思います。普通のコンパクトデジカメですら1インチもの大きなセンサを入れられず、あれやこれや工夫して小さいセンサ入れてるのに、どんな魔法を使ったんでしょうね?

基本Androidスマホってことで、かつて日本でも売ってたカメラに特化した携帯電話的な位置づけなんだとは思いますが、納得できる画質の写真が撮れるなら、この技術を活かしたコンデジの登場に期待しちゃいます。

もう1つは、

パナソニック、4/3センサーの高級コンパクト「LUMIX LX100」海外発表(デジカメWatch)

私が今でも愛用してるLX3の後継機。スペック見る限り申し分無いですね。センサーも1/1.6インチから4/3へ大幅ジャンプアップ、24-75mm相当の焦点距離にF1.7-2.8の明るさ。上部にダイヤルが2つ付いてて本格感満載。

ただ、気になるのは大きさと重さ。LX3はまだ一眼のサブとして連れて行けるサイズでしたが、ひとまわり大きくなったLX100はサブというよりこれメインに連れて行く感覚かなぁ。手持ちのLX3を買い換える際の候補としてはそこがネック。

LX1→LX2→LX3→LX5→LX7と辿ってきてのLX100。三桁になってシリーズ完全一新!ってことなんでしょうね。魅力的なカメラではあるので店頭に出てきたら触ってみたいです。
 

posted by ひらら at 18:48| Comment(0) | デジカメ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]