2014年04月03日

A列車で行こう3D小ネタ。高架を敷くときはXボタンで高低差がわかりやすくなる

140320_a3d_x1.png
3DS「A列車で行こう3D」で山の表現がリアルになったのは良いんですが、高低差がわかりにくいんですよね。この画像でもどこからどんな風な斜面になってるのか、パッと見ただけだと把握しづらいです。高架やトンネルの狙いが付けづらくて困ります。

そんなときはXボタン!

140320_a3d_x2.png
ご覧の通りシンプルなタイル表示になって高低差がぐっとわかりやすくなりました。

本来は産業分布の色をチェックする機能みたいですが、画面をシンプルに見たいときは積極的に使えます。

あと、木が生い茂ってるすぐ上のマスをタッチすると、木が優先して選ばれちゃって狙ったマスが選べなくてムムムゥ…なことがありますが、そんなときもXボタンのシンプル画面で解決できるので便利です。高い建物も消えるので電車の動きだけ追いかけたいときにも使えます。
 
posted by ひらら at 20:00| Comment(0) | ゲーム(A列車で行こう3D) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]