2013年11月23日

カラーレーザープリンタに乗り換えた!NEC 5600C (2)イラスト印刷の能力は?

131116_5600c2.JPG
〆切が近かったりバタバタしてて設置編から間が開いてしまいましたが、1万円以下で買えるカラーレーザープリンタ「NEC MultiWriter 5600C」シリーズ パート2。私にとって重要なイラスト印刷能力をインクジェットプリンタと比べてみました。
 

5600C vs 4色インクジェット


131123_5600c_hikakuA.jpg
※画像クリックで拡大します。

左が5600Cで印刷したもの。右はエプソンのインクジェットプリンタ「PM-3500C」(2000年製 4色インク機)。5600CもCMYKの4色トナー機なので、色の条件はほぼ同一。

用紙は、5600Cが100円ショップで買ったハガキ用紙(普通紙)、インクジェット側が郵便局で売ってる年賀状(インクジェット紙)。この記事に載ってる比較サンプルの用紙はすべてこの条件です。

インクジェットだと線が原稿よりも太くなりがちなのに、レーザーだとほぼ原稿どおりでシャープな仕上がり。色の乗りも上々で、手元でプリントアウトしてみると明らかに5600Cのほうが仕上がりが良くて、「もうインクジェットじゃなくてもいい!」って強く印象づけられました。

一部を拡大してみます。
131117_5600c2_.jpg
新幹線の目に注目してみてください。
レーザーのほうは目が細かく描かれているのに対して、インクジェットは潰れがち。

ただ、手放しでは喜べません。次に6色のインクジェットプリンタと比べてみます。


5600C vs 6色インクジェット


131123_5600c_hikakuB.jpg
※画像クリックで拡大します。

左が5600Cで印刷したもの。右はエプソンのインクジェットプリンタ「EP-804A」(2011年製 6色インク機)。5600CはCMYKの4色トナー機なので、色の条件では劣ります。

本当はさっきと同じ画像で比べたかったんですが、もう壊れて印刷できないのでちょっとシンプルな絵になりますが今年(2013年)の年賀状イラストで比較。

レーザーのほうが線がシャープな仕上がりになるのは先ほどと同様。またレーザーのほうがちょっぴり色が濃い目に出る傾向にありますね。色の濃淡はインクジェット同士でも機種が変われば変わると思うし、試してないけどプロパティ等である程度は調整できるのかも。ってことで今回の比較ではあまり重要視していません。

こちらも一部拡大してみます。
131117_5600c4_.jpg
ん、5600Cのほうが色のノリがちょっとザワザワした感じで輪郭もガタついてる印象。こっちはインクジェットのほうが良いじゃないですか。

さすがは最近発売された6色インクジェット機の面目躍如。4色のカラーレーザーは微妙な中間色の再現では劣ってしまうようです。

こちらのサンプルでは輪郭線が濃い茶色。先ほどのサンプルの輪郭線は黒(K=100%)。レーザーらしく黒トナーだけを使った印刷は大得意ってことなんですね。


レーザーはテカる


131117_5600c5.JPG
左が5600C、右がインクジェット。

光をあててみれば一目瞭然。レーザープリンタの印字面はどんな紙に印刷してもツヤツヤで光に反射します。一方、インクジェットはマットな紙に印刷すればまったく反射しません。

好みの問題やケースバイケースもあるので、どっちが良いかは一概には言えませんが、レーザーだと市販の印刷物よりな感じがするので、ちょっぴりプロっぽい印象を醸し出せます。ただ、マットが欲しいときはどうしようもないので、ここを気にされる方はインクジェットのほうが無難ですね。


まとめ


てことで、カラーレーザープリンタ5600Cとインクジェットのイラスト印刷比較をザっと見てきました。有利・不利ありますが、個人的結論は「5600Cでいいやん」ですね。もう買っちゃった、ってこともありますが、6色インク機ほどの表現力はなくても、長年愛用してきたPM-3500Cを超える能力があれば十分。クリーニング地獄から逃れられるなら少々の画質劣化なんて平気平気。

あと、フチなし印刷はできないので(これはレーザー全般無理だそうです)、ここを重要視される方はインクジェット必須ですね。せっかくフチ無し印刷できる機械を持ってたのに、一度もフチ無し印刷デビューさせることなく壊れてしまった私はある意味幸運なのかもしれません。フチ無しの良さを味わってたら、5600Cで満足できなかった可能性もありますもん。
 
5600Cにはハガキ印刷でちょっと(かなり?)すったもんだがあるので、次回はそこにフォーカスを当ててみる予定です。ここまで読んでもし「私も5600C欲しい!」と思われても、ハガキの両面印刷がメインな方は購入される前にネットで良く調べられることをオススメします(きっと次回の記事まで時間かかると思うのでここは他力本願で…)。
 


posted by ひらら at 02:24| Comment(3) | PC・デジタル機器全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり 一長一短ですな。
これは あとは好みで選ぶってぇことですなぁ。

でも、思っていたより「やるぢゃん、レーザー」って感じですねぇ。
ざわざわ感好きなので あえて選ぶのもアリかも。
でも 光沢はない方が好き(笑)
   でもでも光沢があった方がプロっぼく見えるんですよね(笑)

もし、今のんがあかんようになったら
レーザーも 考えてみることにします。
お勉強になりましたぁぁぁぁ。
    ご家庭にレーザーって
    まったく考えてなかったから。
ハガキ印刷について。。。楽しみにしています。
    我が家もプリンタが一番活躍するのが
    年賀状印刷なので(^_^;
Posted by 京太郎 at 2013年11月24日 16:47
▼京太郎さん
一長一短ですね〜。
インクジェットに慣れきった体では、
「あ、あれもできないのね」と感じたりもしますが
普通紙だけでキレイとか、水濡れに気を遣わなくても良いとか、
それと引き替えのメリットもあるので、あとは慣れですね。

ハガキ印刷の件はもうしばしお待ちを〜。
って、もったいぶるのもアレなのでシンプルに言ってしまうと、
印字後に熱で軽くカールしちゃうから、
両面やるときにカールしてるせいで
給紙がうまくいきにくい、ってことなんです。
Posted by ひらら at 2013年11月26日 14:42
とても参考になりました。ありがとうございます。
デザインも最高です。
プロの方ですか?
Posted by イーグル01 at 2021年03月31日 09:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。