2005年01月17日

震災10年

10年も経った実感はないですが、
あの年に成人式を迎えたことを考えると、
確実に10年経ってるんですね。時が経つのは早いです。

今日の朝ドラ「わかば」から。
ヒロインが昔住んでた家の跡地に立ち寄ると、
近隣の光景がガラッと変わっててショック、というエピソードに共感。

何年か前、全壊だったわが家の跡地の様子を見に行ったとき、
見知らぬ新築の家々が建ち並んでいたのはもの悲しかったですね。

黙祷。
posted by ひらら at 23:53| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれから10年ですか…何かあっという間ですよね。
復興するのは良い事だけど、久しぶりに戻ったら全く違った街になっていると言うのは、とても複雑な心境ですよね。

震災は、忘れたいけど絶対に忘れちゃいけない事だと思います…
Posted by pochi at 2005年01月18日 12:54
複雑ですね。
忘れないようにと思っても、人間の記憶はもろいもので、ディティールは色褪せてきますが、節目ごとに思い出すようにしたいところです。
Posted by ひらら at 2005年01月22日 16:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1618566
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック