2015年01月21日

Google Playが映画「ゼロ・グラビティ」の無料プレゼントがやってきた

GooglePlayGravithi.jpg
先日、ロード・オブ・ザ・リングの無料配信があったばかりですが、今度はゼロ・グラビティがプレゼント。

Google Playを使ったことある方ならメールが届いてると思われるので、すでにサクッと受け取られた方も多いと思いますが、広告メールのたぐいを読まずに捨ててしまってる方は1/19付けのGoogle Playからのメールはゴミ箱漁ってでも要チェック。

件名「期間限定キャンペーン: オスカー受賞作「ゼロ・グラビティ」をプレゼント」で届けられたこのメールの「特典を利用」ボタンを押せばOK。Googleさんからの映画プレゼントは来る度にいただいてる私ですが、観るのが追いつかないこの現状がうらめしい。
 
posted by ひらら at 00:06| Comment(0) | スマートフォン・タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

これは痛い!鉄コレの動力ユニットが4月から値上がり!条件次第ではKATOの国電のほうが安い?

P1420384.JPG
鉄コレの動力ユニット、今の定価は税抜きでだいたい2,800円くらいですが、4月出荷分から3,400円になるとのこと。これは痛い!

買った製品すべてに動力を仕込めるほどゆとりは無いので、これまでも動力ユニットを買うペースはおだやかでしたが、動力を仕込みたい候補はいくつかあるので、後でいつか買おう……と思っていたら!

値上げは4月出荷分からなので、今市場に出回ってる製品に関しては今の値段のまま。なので、メチャクチャあわてる必要は無いものの、値上げ前に買い込もうとする方も少なからずいらっしゃるはず。不本意ながら「後でいつか買おう」は「今買わなきゃ」になってしまいそうです。LRT等の元々高め設定の動力ユニットも同様に値上がりするんでしょうね。ちなみに走行用パーツセットも860円から1,000円へと上昇(税抜)。

動力ユニットの新価格は税込みで3,672円。この値段を見て思ったのが…
Nゲージ 10-037通勤電車103系 KOKUDEN-003 ウグイス 3両セット
Nゲージ 10-037通勤電車103系 KOKUDEN-003 ウグイス 3両セット
3,127円

KATOの国電103系3両セットのほうが安いよ! 動力込みで3,127円!(Amazonにて2015.1.18現在)鉄コレでも20m級の国鉄車両ならコレ買ってきて部品もらったほうがいいんじゃないかと思えてきました。

いや、鉄コレ動力も割引店で買えば3,000円前後にはなるだろうからイーブンな比較では無いんですが、2両分の金属車輪と菱形パンタグラフも一基付いてくると考えたらなかなか魅力かも。(←車体は眼中にないという失礼さ(^_^;) 台車枠の交換とかそこそこ苦労する部分はあるとは思いますけども。

車輪については、
Nゲージ 11-606 中空軸車輪 (ビス止め台車用・黒) (8個入)
Nゲージ 11-606 中空軸車輪 (ビス止め台車用・黒) (8個入)
392円

ちょっと前から私もちょこちょこ買ってるKATOの分売パーツ。2両分400円弱と鉄コレの走行パーツを買うより安上がり。銀色と黒色から選べます。2〜3両編成ならおもりが無くてもまぁ走るし、カプラーもデフォルトのままでもまぁ走るし…と、細部にこだわらなければ(または、よそから調達できるなら)こういう手段もありってことで。
  
鉄コレもカンペキに仕上げると正規Nゲージ並(むしろ正規Nを超える!)価格になってきたので、あれやこれやと節約術でやりくりしなきゃいけない時代になってきましたね…。
 
※動力ユニット値上げの情報元は、railwaysしんゆり湘南ラインさんのTOMIX 6月生産予定品のご案内と、製品化速報から。北越急行HK100等、鉄コレ新作の予定も発表されてます。
 
posted by ひらら at 16:06| Comment(7) | 鉄道のおもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

阪神淡路大震災20年、書籍「不死鳥レールウェイ」をご紹介

P1420385.JPG
20年の節目ということで、阪神大震災当時の鉄道事情をまとめた書籍「不死鳥レールウェイ」を紹介してみます。

2010年発行なのでちょっと前の本なのですが、次々に復旧していく鉄道の様子が本当に懐かしい。20年も経つと記憶はかなりあやふやになっているので、ちょいちょいめくっては当時の記憶を整理するのにも役立っています。

復旧した日付が路線図とともに細かく書かれているので、あの酷かったJR六甲道がわずか3ヶ月足らずで復旧したことに改めて凄さを感じたり、一方で阪急伊丹は完全復旧まで3年もかかったのかとしみじみ思い出したり。私もあの震災のドまん中にいたので代行バス待ちの寒さも一緒に思い出したり…。ぶるるっ!

A5版130ページほどと小ぶりな本ですが、写真集的な一冊なので写真が盛りだくさん。珍しい方向幕写真のオンパレードなので鉄道趣味的な一冊としても貴重。不謹慎なんてことはなく、阪神大震災を知らない若い鉄道ファンのみなさんがこの本をキッカケに震災に興味を持って貰うのも全然ありだと思います。

あと、当時の車内放送の録音CDまで付いてるのがなんともマニアック!(JR、阪神、神戸市営地下鉄)収録は3月と11月なのでわりかし落ち着いてきた時期ではあるけれども、よくぞ録音されていたなぁと感心。当時はまだデジカメも携帯電話もほとんど無かったので、当時の鉄道関連のこれだけ多くの写真・音声がまとめられてる媒体は本当に貴重です。

posted by ひらら at 17:33| Comment(4) | 鉄道全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。